トップページ大阪保育運動連絡会(大保連)って?やさしい保育情勢子育て情報乳幼児コーナーグッズコーナーライブラリー資料集リンク
インフォメーション

大阪保育運動連絡会ってこんな団体です

 大阪保育運動連絡会(略称:大保連)は1964年11月「子どもを生み、育てながら安心して働き続けたい」という多くの人達の願いを束ね発足しました。
  「誰もが安心して子どもを生み、育て、働けるように!すべての子どもたちが健やかに成長するように!」「保育者・指導員が健康でいきいき働き続けられるように!」というスローガンで、子どもを育てながら働く父母や、保育所・幼稚園・学童保育で働く職員、子どもたちの健やかな成長を願う研究者や専門家などで構成し、時々の問題や課題に対し、一緒に学習をしたり、調査活動をしたり、子どもたちの保育環境改善のため行政に働きかけたりしています。
  狭い住宅、少ない遊び場。心身の発達がゆがめられている子どもたち。なかなか入れない保育所や幼稚園。長引く不況、リストラ、長時間・過密労働で保育料や保育時間で困る父母。不安定な雇用や職業病に苦しむ保育現場で働く人達。運営に頭の痛い園長先生。氾濫する育児用品や情報に混乱する子育て、生活不安…
  職場や地域で、保育所や幼稚園で、一人で悩んでいるお父さん、お母さん、職員のみなさん、そして子どもたちの健やかな成長を願っておられるすべてのみなさん!参加して、一緒に考えて、行動していきましょう!

ページTOPへ
Topページへ